女性の薄毛の原因として産後の脱毛があります。産後の脱毛は一過性のものですから、一時的です。しかし薄毛が突然始まることで驚く人も多いでしょう。産後の脱毛はとても一時的ではあるのですが、薄毛の原因はホルモンのバランスにあります。妊娠中から続いているホルモンのバランスの崩れは、産後もしばらく続きます。

特に産後はホルモンの乱れが激しくなり、さまざまな特徴が現れてきます。そのひとつとして薄毛があります。産後、赤ちゃんのお世話をしなければいけない大事な時期に、気が付けば髪の毛が大量に抜けていて、鏡で自分の姿を見るとがっかりしてしまう人も多いことが特徴です。

しかしこの薄毛は安心してください。ほかの女性特有の薄毛と違っていて一時的なものなのです。分娩後脱毛と言われているのですが、これは一般的には産後2ヶ月から6ヶ月位の女性ホルモンのバランスの崩れが原因で起きているだけで1年もすれば元に戻ると言われています。

もしもともと薄毛で更に産後に薄毛がひどくなったという人が居るのであれば、早めに専門外来へ相談してみてもいいでしょう。専門外来へ相談に行くことで授乳が終わってすぐから治療をすることができる場合もあります。これも相談してみなければわからないのですが、相談すればなんとか改善させることができるケースもありますので、ぜひチェックしておきましょう。

育児に疲れきっていて抜け毛がひどい状態というのは、更にテンションを下げてしまうことにもつながります。少しでも気分を上げるためにも、何かできることを考えてみると言いでしょう。自力で改善することができないこともありますので、頭髪専門外来への相談が近道となるはずです。