女性の薄毛、これは最近増え続けているといっても過言ではないでしょう。成人女性の役4割が薄毛を一度は経験している時代なのです。成人女性の薄毛の原因は男性の薄毛と違って多種多様化しているために、原因は一つではありません。何が原因なのか、それは人それぞれ違いますので、その原因をしっかりと特定していく必要があるでしょう。

男性のAGAとは違うということを認識して、女性には女性の治療法があることを知る必要があるのです。女性の薄毛の原因は本当に様々です。例えばストレスであったり、出産による一時的なもの、そして加齢も原因の一つです。意外と原因となり得るものはたくさんあります。それが女性の薄毛の原因であり特徴といっても過言ではないでしょう。

髪の毛というのは肌以上に若さが出る部分でもありますので、若々しさは実は髪の毛から来ているといってもいいかもしれません。そのためにハリやこし、ボリュームがない髪の毛だと実年齢よりも老けて見られてしまうこともあるのです。また薄毛に悩んでいる人がこれだけ増えている理由としては、社会進出が進んでいることも一つに挙げられます。

女性の薄毛は最近増え続けているみたいですので薄毛治療の病院も増えています

社会進出が進んでいることによって薄毛に悩んでいる女性が増えているのです。それだけ女性も社会でストレスにさらされているのです。またそれだけではありません。おしゃれのためにカラーやパーマをしている人がいますが、これも実はトラブルの原因になっているのです。

また痩せたいという願望から極端なダイエットをしている人がいますが、これも実は薄毛の原因になっていますから注意が必要です。男性の薄毛とは違って全体的に弱くなってまばらに脱毛しているびまん脱毛症が多いことが特徴です。

◆女性の薄毛は対策も治療もいろいろ
女性の薄毛、これは対策も治療法も実際は色々と違っています。男性の脱毛症であるAGAの場合には確立した治療法があり、男性ホルモンの影響を抑えるプロペシアを使うことは治療としては欠かせないことになっていることが現状です。しかし女性の薄毛は違います。

パントガールという名前の内服薬があるのですがこれを使ってケラチン、パントテン酸といった髪の毛を作る成分を補う治療も行います。女性の治療法として133種類の成長因子を直接注入するといった方法も行われているのですが、発毛しにくい毛根の細胞を再生させるといった治療法なども今は行われています。

原因に対しての治療も行われており、紫外線、パーマやカラーリングが原因で毛根にダメージを受けた場合には、シャンプー、コンディショナーを専門のものに変えるなどの対処がされます。毛髪というのは元々死んでいる細胞ではありますが、キューティクルはまだ生きています。

そのためにキューディクルに対しての保湿や毛髪そのものへのアプローチを対処法として実践している人も多いでしょう。しかし髪の毛そのものに働きかけるよりも、どちらかといえば毛根、頭皮に働きかけたほうが薄毛の対処にはつながると言われていますので、どこの側面から薄毛を対処するのか、それを考えることが大事でしょう。

体内の余計なタンパク質や糖分が結びつくことによって頭皮の状態が悪化する脱毛症もあります。適切な自分の薄毛の原因を知ることが大事でしょう。そのためには専門外来などへ行ってどのような治療を受けることがふさわしいのか考えることから始めましょう。

専門外来では血液検査なども実施しているので、自力では決してわからない詳細な部分まで原因を突き止めてくれます。